守山区 O様邸 お庭から駐輪場へリフォーム

守山区 お庭リフォーム 完成予想パース
守山区 お庭リフォーム 完成予想パース

家族構成や生活の変化によって変わる外空間の使い方

Beforeの写真をご覧ください。

守山区 お庭リフォーム Before
守山区 お庭リフォーム Before

以前は、ブロック塀の上に木製のフェンスをあしらった、高い塀に囲われたお庭がありました。

 

お客様のお悩みは、生活や家族構成の変化に伴い、物が増えてきて

お子様の自転車や三輪車・バイクなどの置き場に困っていると言うことでした。

 

そこで、ブロック塀の一部分を壊して駐輪スペースを提案させて頂きました。

 

まずは、木製フェンスをはずしてブロック塀を解体できるように準備。

 

ブロックの解体で塀の強度が下がることが考えられますが、その影響が少なくなるように

控え壁と捉えられる部分は残して強度を確保しています。

 

リフォームでは元々の構造物の形を変えることが多いため

強度が落ちることが考えられます。

そのような時は補強をすることや、強度が下がらないようなところはどこか考えて

設計をすることが非常に重要です。

 

そして、ブロックの継ぎ目のきりの良いところで、塀にカッターを入れハツリ機で解体しました。

ブロック塀の解体作業
ブロック塀の解体作業
ブロック塀の解体後にお庭の土を撤去
ブロック塀の解体後にお庭の土を撤去

土を漉き取った後に、レンガで土留を作りました。

レンガ土留の頭には、天然石の笠木(おしゃ楽 フォレストタンザク)をのせています。

こうして頭をしっかりさせる事で、ただのレンガの土留もよりどっしりと見えるようになります。

レンガの土留 笠木をしっかり見せることで、よりどっしりとした印象になる
レンガの土留 笠木をしっかり見せることで、よりどっしりとした印象になる
掘った部分はコンクリートで土間を作成
掘った部分はコンクリートで土間を作成

また、木製フェンスの段数を減らして再構築。

 

ポイントはカットしたブロック壁の部分の上に木フェンスを2本残したことで、

木製のゲートのようになっているところです。

守山区 お庭リフォーム After
守山区 お庭リフォーム After
十分な駐輪スペースが出来ました!
十分な駐輪スペースが出来ました!


また、お客様からアンケートも頂きました。大変満足していただけた様で、私もうれしいです。

 

O様ありがとうございました。