瀬戸市 K・T様邸 デッキと砂利の庭から南欧風リゾートガーデンへリフォーム

瀬戸市 K・T様邸のお庭パース図
瀬戸市 K・T様邸のお庭パース図

元々、新築時にデッキだけを施工されたK・T様。中々使い道が無いお庭を何とかしたいとご来店いただきました。 


現状分析 

Before  お庭部分は砂利敷きと人工木ウッドデッキが施工してありました。
Before お庭部分は砂利敷きと人工木ウッドデッキが施工してありました。

元々のお庭全景です。


ここで注目したいのは、この素晴らしいロケーション。

瀬戸の高台に位置するお庭は猿投の山が見える抜群の好立地。

これを活かさない手は有りませんが、まずは何より最初に現状の分析からリフォームは始まります。


現状としては、ウッドデッキに防草シートと砂利のみ施工してありました。


今回のケースのように、新築時にとりあえずデッキのみを造られる方は結構多いかと思います。

しかしながら、デッキだけだと結局庭をどのように使ったらいいかがわからないので、使えないと言う

ことが起こったりする場合があります。


ウッドデッキやテラスを作るときは、まず最初に『その場所をどのように使うか?』ということを考えるのが最も重要です。


日向ぼっこをする為なのか、洗濯物を干す場所が要るのか、ペットと一緒に過ごせる場所がほしいのか、

バーベキューを楽しむスペースが欲しいのか。


このようにどこで何をするというか?と言うのを『ゾーニング』と言います。

これが何よりも大切になります。



ヒアリングとプランニングとコンセプト

柴垣の場合はこのように頂いた図面にびっしりと書き込みをしながらゾーニングを行いプランニングに移行していきます。
柴垣の場合はこのように頂いた図面にびっしりと書き込みをしながらゾーニングを行いプランニングに移行していきます。

ゾーニングは図面上でしっかりと行います。ここは非常に重要です。どれくらいのスペースでどういうことをするかと言うのは、現場でも分かりそうですが、実際はこのように図面上で書きながら行ったほうがスケール感を落とし込めるので適していると私は思います。

こうしてヒアリングをしながら書き込んでゾーニングをし、プランニングまでしていきます。

 

ここで非常に大切になるのが、『コンセプト』

お客様のご要望を伺って、今回のお庭をどのようなコンセプトで生まれ変わらせるか。

ゾーニングも大切ですが、もっとも大切なのがコンセプト。

コンセプト次第でゾーニングも変わってしまうと言うことが起こります。

 

今回は表題にあるように、立地を生かした南欧風リゾートガーデンへリフォームと言うのがコンセプトになります。

 

そうして出来たプレゼンテーションの図面が以下の図面となります。

プレゼンテーションの際の平面図
プレゼンテーションの際の平面図

既存のデッキを生かしたプランとなりました。また、乱形石の飛び石や植栽を多く入れることで南欧風の柔らかいイメージを表現したプランになります。

完成写真

太陽のまぶしい光をさえぎるオーニングと植栽が南欧風のガーデンの雰囲気をもたらします。瀬戸市の高台のロケーションも最高です。
太陽のまぶしい光をさえぎるオーニングと植栽が南欧風のガーデンの雰囲気をもたらします。瀬戸市の高台のロケーションも最高です。
オープンだったお庭も門扉を付けることで、ある程度の目隠しに。生活に必要な物置もグリーンで統一。
オープンだったお庭も門扉を付けることで、ある程度の目隠しに。生活に必要な物置もグリーンで統一。
今までは手を入れなかった庭も、緑が入るとどんどんと植物を増やしたくなります。
今までは手を入れなかった庭も、緑が入るとどんどんと植物を増やしたくなります。
モモちゃんもオーニングの下で楽しんでます!
モモちゃんもオーニングの下で楽しんでます!

瀬戸市の高台から見渡せる、絶好のロケーションにふさわしい、南欧風のガーデンへ生まれ変わりました。

このように緑が入り、日陰ができるととてもお庭らしくなりますね。

お客様も喜んでくださり、お邪魔するたびにどんどんと花が増えていっているような気がします・・・

これからの成長が楽しみなお庭になりました。

K・T様本当にありがとうございました。