知立市 R・S様邸 洗濯物の似合う北欧風庭 スウェーデンハウスの外構・お庭リフォーム施工例

洗濯物の似合う北欧風庭 スウェーデンハウスのお庭・外構リフォーム施工例
洗濯物の似合う北欧風庭 スウェーデンハウスのお庭・外構リフォーム施工例

守山区にある柴垣グリーンテックからは少し遠い、知立市で外構・お庭のリフォームをさせていただきました。ご自分のお家に合うお庭は無いかな?とインターネットでお探しになっていた所、弊社にたどり着いていただきました!


元々、スウェーデンハウスさんでお家を立てられた際に、芝生などの天然素材でエクステリアを作っておられましたが、ご夫婦ともにお忙しく、『しっかりと芝生の管理もしてあげられなくて可愛そう。』『おうちにもっと合うような素敵な庭にしたい。』というご要望を叶える為にリフォームプランを作成させていただきました。

Before リフォーム前のお庭

Before スウェーデンハウスの外構・お庭 リフォーム前
Before スウェーデンハウスの外構・お庭 リフォーム前

リフォーム前はこのようにお庭・外構を作られていました。


天然芝を全面に張ってあり、アプローチの部分をコンクリート製の枕木で作成。

舗装面が少ない為、芝生の管理が大変で、使いにくいお庭になっていました。

After リフォーム後 洗濯物の似合う北欧風庭になりました!

スウェーデンハウスのお庭・外構リフォーム施工例 パース図と同じアングルから写真撮影 
スウェーデンハウスのお庭・外構リフォーム施工例 パース図と同じアングルから写真撮影 

リフォーム後のアプローチ部分です。


以前は芝生とコンクリート製の枕木で構成されていたアプローチを、天然石と洗い出し仕上げに変更。

より自然な雰囲気を持たせるために、天然石のラインを直線的にはぜず、あえてガタガタとすることで、

堅苦しくない自然な感じを表現しています。

 

既存コンクリート土間をそのまま使っているが、デザインにより元々あったような感じに見せている
既存コンクリート土間をそのまま使っているが、デザインにより元々あったような感じに見せている

また、元々あった物をどれだけ壊さずに使うかとうのもリフォームの大切なポイントです。


今回は、元々あったコンクリートの床を壊さずに、残しながら天然石と洗い出しの組み合わせのデザインを

しています。アプローチとしてのラインと庭へ続くライン。

これを元のコンクリートと如何にあわせるかがデザインのポイントになりました。

機能門柱はそのまま使用。荷物を一旦降ろしてからポストを開けられるように、手前に角柱を設置しました。 大活躍しているようです!!
機能門柱はそのまま使用。荷物を一旦降ろしてからポストを開けられるように、手前に角柱を設置しました。 大活躍しているようです!!
お庭に植えたコハウチワカエデ。可愛い葉っぱだ。
お庭に植えたコハウチワカエデ。可愛い葉っぱだ。

また、元々使っていた機能門柱も、そのまま使いました。

しかし、この機能門柱のポスト。荷物をもっていたらとてもあけにくい。

そのため、前に角柱を設置し(デザイン的には左右対称に2個付いています。)、荷物を一旦置いてから

ポストを開けられるようにしました。

この角柱。しっかりと考えたように使っていただけているみたいで、

お客様からも『とっても便利です!!』と嬉しいお言葉を頂きました。

アプローチからデッキを眺めたところ。アプローチの石が庭の一部に見えるように配慮したデザイン。洗濯物が似合う庭になりました。
アプローチからデッキを眺めたところ。アプローチの石が庭の一部に見えるように配慮したデザイン。洗濯物が似合う庭になりました。
デッキの方からみたお庭。アプローチがどこだか分からないほど一体化している。
デッキの方からみたお庭。アプローチがどこだか分からないほど一体化している。

天然石クラウディースレンダーとヒメイワダレソウ。抜群の組み合わせだ。
天然石クラウディースレンダーとヒメイワダレソウ。抜群の組み合わせだ。

また、アプローチも大切ですが、限られた空間をより一体に見せる工夫も重要。


アプローチで使った素材を庭へ伸ばしていくことで、庭から見るとアプローチも庭に見えるように

工夫しています。


既存のアプローチで使ってあったコンクリート製の枕木。しっかり再利用して機能性、デザイン性を併せて機能させるようにした。
既存のアプローチで使ってあったコンクリート製の枕木。しっかり再利用して機能性、デザイン性を併せて機能させるようにした。
元々砂利だったところへは高品質人工芝を敷いた。お手入れの手間がずいぶんと省ける。
元々砂利だったところへは高品質人工芝を敷いた。お手入れの手間がずいぶんと省ける。

元々アプローチで使っていたコンクリート製の枕木もしっかりと再利用。

捨てればただのゴミですが、使えば資源です。

今回、新しく敷いた高品質人工芝と草目地との仕切り。そして、通路としての機能を持たせて

デザインに加えました。

現在は新しいファニチャーが据えられて、大事なガーデンの一部になっていました。
現在は新しいファニチャーが据えられて、大事なガーデンの一部になっていました。
職人さんが手形を取ってくれました!!お客様も大変喜んでいただきました!!私も嬉しい!!
職人さんが手形を取ってくれました!!お客様も大変喜んでいただきました!!私も嬉しい!!

今現在は、このようにガーデンファニチャーをおかれて空間を楽しんで使っておられました。

元々砂利だった場所も、使いやすくなれば色々な使い方が出てきます。

 

リフォームは新築に比べてお金もかかる(壊したり、処分したり)し難しいことも多いですが、

しっかりと考えてデザインすれば、とても良い空間になります。

 

お客様にも、『嬉しくて、毎日庭ばかり見るほど気に入っています。』と言っていただき、

私もとても嬉しいです!!

 

これからも、よろしくお願い致します!!

 

デザイナー:柴垣慎太朗