愛知県 K様邸 洋風外構 レンガ角柱とコハウチワカエデ

愛知県 K様邸 洋風外構のレンガ角柱を引き立たせるコハウチワカエデ
愛知県 K様邸 洋風外構のレンガ角柱を引き立たせるコハウチワカエデ

どんなデザインをするにもコンセプトが非常に大切

洋風デザインのお家のK様。

道路から高くなったお家の周りには、既にRC(鉄筋コンクリート)造の土をとめるための壁が。

お話を頂いたときには、どこに駐車場スペースや階段を作るのか(ゾーニング)はすでに決定していました。

 

その上で、どのような感じの外構にしたいかをお聞きすると、こんなお話が

 

「こびとが出てくるような、もたついた感じが良い!!」

 

 

なるほど!!コンセプトは『こびとの家』に決定!!

既存RC土留に寄り添うレンガ角柱には、コンセプトを表す世界に一つだけのデザイン

裾の広がりと笠木の組み合わせで世界に一つだけの角柱をデザイン
裾の広がりと笠木の組み合わせで世界に一つだけの角柱をデザイン
門周りの全景。屋根の色と角柱の色を合わせ統一感を
門周りの全景。屋根の色と角柱の色を合わせ統一感を

既存RC土留壁にはアンティーク調のレンガをランダムに積んでいます。

そして角柱の下の方は裾が広がって、上にのっている特注形状の笠木とのバランスを取っています。

RCの壁って赤っぽいレンガの色が合うと思いませんか?

 

私の中のストーリーでは

「こびと」→「働き者」→「何でもしっかり物を作る」→「だけど小さいから同じ寸法の材料をそろえられない」→「レンガをランダムに積む」→「バランス感も優れているので笠木も作る」

とこのようにデザインが生まれていきました。

 

また、今回の門柱に寄り添うコハウチワカエデですが

「こびとは昔からそこにある植物と暮らしている」感を出すために

あえて枝の暴れ具合が自然風な樹形を選びました。

家とのバランスを整える外構デザインにするのも非常に大切

愛知県 K様邸 エクステリア全景
愛知県 K様邸 エクステリア全景
愛知県 K様邸 エクステリア イメージパース
愛知県 K様邸 エクステリア イメージパース

この角柱をデザインしたのは、もう一つ理由があります。

出来上がる前に作成したパース図を見てもらうとわかりやすいですが

玄関ポーチの入り口部分がアーチ状になっています。

この部分と角柱のデザインが繋がるように考えています。

 

また、お家の雰囲気に合うようにフェンスもLIXILの鋳物アルミフェンス・ラフィーネを使っています。

しかしながら、それでだけは角柱とデザイン的に繋がらないのでアイアンオブジェを

オリジナルで作成して角柱とフェンスの間にあしらっています。

オリジナルのアイアンオブジェ
オリジナルのアイアンオブジェ
フェンスと角柱をつなげるアイアンオブジェ
フェンスと角柱をつなげるアイアンオブジェ

階段は玄関ポーチと同じタイルにアクセントのタイルを入れました
階段は玄関ポーチと同じタイルにアクセントのタイルを入れました
洗い出しアプローチに埋め込まれたかわいいポイントタイル
洗い出しアプローチに埋め込まれたかわいいポイントタイル

ライトアップは夜の表情を作る大事な要素

ライトアップで強調される角柱デザイン
ライトアップで強調される角柱デザイン

夜のエクステリアを考える上でライトアップは非常に重要です。

最近はLEDの照明が普及して、値段も安くなってきました。

 

ライトアップをするだけで

 

①防犯

②安全性

③デザイン

 

この3つの重要なポイントがクリアできるのです。

後工事では出来ない場合もかなりあると思うので事前に計画されるのをお勧めします。

 

夜は一層 『こびと感』 が増しているような気がします!!

楽しく素敵なエクステリアデザインになりました。

K様本当にありがとうございました。

 

デザイナー:柴垣慎太朗