台風がやってくる!!今すぐ出来る。お庭の台風対策!2014-8-9

イギリスの曇り空 イギリスらしい風景ですね
イギリスの曇り空 イギリスらしい風景ですね

2014年8月9日。9日夜から10日朝にかけて西日本に上陸するようです。

西日本は猛烈な雨や風に注意。また台風の速度が遅い為、東日本や北日本でも最大級の警戒が必要ということです。

 

こんな時期に台風だなんて・・・

 

といっていても仕方がありません。

今日は今から出来るお庭の台風対策を

今すぐにやれることから、事前にやっておくと良いことまで、まとめてみました。

 

①植木の鉢植えなどの養生

外で養生中のウンベラータ 家の中に避難
外で養生中のウンベラータ 家の中に避難
植物の鉢植えも寄せておくだけでも違います。 紐などで縛れば更に良し。
植物の鉢植えも寄せておくだけでも違います。 紐などで縛れば更に良し。

庭にあるもので最も被害が多そうなのが鉢植えです。

 

特に上の写真のウンベラータのように、鉢に比べて頭の方が重い場合などは

強風によって倒れやすい。

また、プラスチックの鉢植えで、中の土が園芸用土とかになると

更に軽いのでよく倒れます。

 

倒れにくそうなものの近くに寄せておいたり、何かに縛り付けるなどの対策をしたほうが良いでしょう。

また、倒しても影響が無いような感じならば、あらかじめ倒しておくと言うのも策です。

②植わっている植木の養生

植えたての植木に倒れにくいように施す支柱
植えたての植木に倒れにくいように施す支柱
しっかり根が張った街路樹 支柱はもう必要ないと思いますが
しっかり根が張った街路樹 支柱はもう必要ないと思いますが

上左の写真のように新しい植木の場合、殆ど支柱がしてあると思います。

この支柱と植木を結んであるのは棕櫚縄(しゅろなわ)と言って

棕櫚という植物で作った縄で 、これが自然に切れるくらいになれば

だいたい支柱は不要になるのですが

たまに早い段階で切れてしまうこともあります。

 

上右の写真のようにしっかりと根が張り、大丈夫な状態になればよいですが

植えてから2、3年の植木などでちょっと頼りない感じのものであれば

支柱はまだ腐ってはいないと思うので、もう一度縛りなおしておくのも良いでしょう。

 

植木屋さんが棕櫚縄で結ぶのが一番良いですが、緊急です。

ビニール紐などでも大丈夫。但し、ビニール紐などは縛ったまま忘れてしまうと

腐らず残るので植木に悪い影響が出ます。台風がさったら取り除きましょう。

 

また、アカシア類やコニファーなどは

根の成長するスピードよりも早く、幹や葉が成長するので

台風で被害の出やすい品種です。

 

しっかり根の張った他の木に縛ったりするのも効果があると思うので

試すと良いかもしれません。

 

③雨どいや側溝などの掃除

これは、雨が降り出してからは危険なのでやめた方が良いと思います。

事前にやっておくと良いなと思うことです。

 

台風が来ると普通は沢山の雨が降ります。

二日前に守山区でも新守山駅の駅前が冠水したというニュースがありましたが、

排水が追いつけばこのようなことにはならないはずなのです。

 

 

勢いよく流れる側溝
勢いよく流れる側溝
今にもあふれそうな側溝 勢いよく流れてるやつのすぐ隣なのに・・・
今にもあふれそうな側溝 勢いよく流れてるやつのすぐ隣なのに・・・

勢いよく流れる雨どいからの水
勢いよく流れる雨どいからの水

普段からのメンテナンスもとても大事ですね。

 

とにかく気をつけて台風を乗り切りましょう。

何事も安全第一!!

 

次回はお盆休みはどこにも行かない人必見!行った気になれる?ニュージーランドの庭巡りその1です!