先生初体験!!講師をさせて頂きました!!2014−12−15

講師初体験の柴垣 教える事よりも学ぶ事の方が多かったです
講師初体験の柴垣 教える事よりも学ぶ事の方が多かったです

講師初体験は11月18日!!

11月にお取引先の一つであるスウェーデンハウス様の設計部署の方々に外構の研修をさせて頂きました。


私なんぞが先生をする日が来るとは夢にも思っておりませんでしたが、大事なお取引先様から

ご指名を頂きましたので、持てる知識を総動員して頑張らせて頂きました!!

(ご指名いただいたのに、忙し過ぎて何ヶ月もお待たせしまして申し訳有りませんでした。)

 

 

研修の内容は、外構の初期プランの行い方と植栽について

 

先方様からのご要望で、この内容になりました。

 

初期プランは外構のすべてを決めると言っても過言ではない

ゾーニングをしなければなりません。

(因にゾーニングとは、どこに何を作るかという事です。)

これが簡単なようで難しい。

 

車の配置から、門壁の位置、アプローチの位置・・・・

 

本当にここで全てが決まるのです。

 

私のお客様はもうお分かりかもしれませんが、柴垣はここを凄くしっかりと行います。

もちろん、お客様のお話をじっくりと聞きながら。

生活するのはデザイナーでは無く、あくまでお客様。

ただ格好が良いだけでは日々の生活をおくる事は出来ません。

 

デザイナーはお客様にとって使いやすい最高のゾーニングを考えた上で最高のデザインをする!!

 

これが柴垣のポリシーです。

 

思えば、私もこの仕事を始めて既に15年!!

(まだまだ新人だと思っていたのに、いつの間にか、他社さんに入ってきた新卒の社員さんに

ベテランですねと言われる存在になっていた・・・・)

少しでも誰かのお役に立てたのなら本当に嬉しいです。

立て続けに2回目!!今度は三井ホーム様!!

講師2回目は三井ホーム様! 弊社にて行わせて頂きました
講師2回目は三井ホーム様! 弊社にて行わせて頂きました

一度有る事は二度あるという諺は有りませんが、偶然三井ホーム様からもご依頼を頂きましたので

12月9日に弊社にて講師をさせて頂きました。

 

こちらも設計の方々への講習という事で、初期プランのポイントと植木についてお話しさせて頂きました。

 

しかしながら、2回目は弊社にて行いましたので、植物のお話に力を入れる事が出来ました。

何故なら、弊社に植わっている植木を見ながらお話しする事が出来たからです。

 

弊社は、社屋の周りに様々な植木を植えてあります。

それは、来て頂いたお客様へ植木の説明をする為でもあります。

数えた事は有りませんが、50種類以上は植えてあるとおもいます。

 

植木は常緑、落葉の区分から、一年草、多年草の違い。

そして、おすすめの植木は何かなど、植木初心者にも分かりやすい様にお話しさせて頂きました。

 

家を造る仕事のなかで、生き物を扱うのは我々、外構造園業者だけです。

 

お家の設計の方が、植物の知識が無いのはあたりまえですが、

おぼえようとして頂いている事は本当に素晴らしいと思います。

そして嬉しい!!

 

講師をさせて頂き、改めて自分の業界が特殊なのだなあと感じました。

また、改めて植物を扱える素敵な職業なのだと気がつきました。

 

さあ、これからも植物を沢山植えるぞ!!