名古屋市守山区I様邸 高低差を活かすエクステリア&ガーデン施工例 ① ウッドデッキ 2013-4-22

Before
Before
After
After

今回から愛知県名古屋市守山区I様邸 高低差を活かすエクステリア&ガーデン施工例が始まります。

 

まずは上の写真を御覧ください。

 

左がBeforeで右がAfterです。

 

今回はAfterの写真右側に写っているウッドデッキのお話をします。

 

ウッドデッキ文字通りウッド(木)のデッキ(甲板)です。

最近のお家では付いているところ多いですよね。

よく付けるのはリビングから出て直ぐのお庭の部分です。

こちらのお家もリビングを出てすぐのところに付けました。

リビングから直ぐの空間。もう一つのリビングの様。
リビングから直ぐの空間。もう一つのリビングの様。
別のお庭ですが、リビングとつながって見えるデッキ。
別のお庭ですが、リビングとつながって見えるデッキ。

ウッドデッキの魅力の一つはリビングの続きで作ると

リビングが広くなったように感じる事だと思います。

 

また、今回は高低差の有る敷地なので、デッキの下に広い空間が出来ています。

 

ウッドデッキ下にできた空間。
ウッドデッキ下にできた空間。
デッキの下の空間は物置スペースに。
デッキの下の空間は物置スペースに。

このように高さの有る場所に作るデッキを「ハイデッキ」と呼んでいます。

上の写真のように、デッキ下の空間が物置のスペースにもなり2度美味しいですね。

 

一般的にデッキと言えば四角いのが相場ですが、今回はデッキの形をあえて斜めにしてあります。

そうすることで、デッキとしても広い空間が作れますし、空いたお庭のスペースは

写真のように緑化することもできます。

 

ちょっと長くなってしまったので、今回はここまで。

 

次回はデッキの素材についてお話しようと思います。