【閲覧注意!】巨大生物がエコフルタウンに居たのを忘れていました!! 2014−10−29

とよたエコフルタウンのパビリオン前にその巨大生物がいた
とよたエコフルタウンのパビリオン前にその巨大生物がいた

昨日のブログでとよたエコフルタウンを紹介しましたが、ちょっと紹介し忘れてしまった

物が有ったので、ご紹介します。

とよたエコフルタウンのパビリオン前に居ます

エコフルタウンの中に水素ステーションが有るのですが

その前に、パビリオンというのが有ります。

 

エコフルタウンのウェブサイトの写真では、こけマットが全体を覆い隠し

緑色の美しい外観のパビリオンですが、行った時は枯れ枯れ。水やりが足りないのだろうな・・・

これを施行してあるところをほかにも知っているけど、そこも枯れ枯れ。

絶対自動灌水システム必要だとおもいます!

それはそうと、このパビリオン。時間がなくてみられませんでしたが

エネルギーやエコについての最新技術を体験できる施設のようです!!残念!こんどまた、行こ!

 

と、そんな事はさておき巨大生物です。

 

エコフルタウンにいた巨大カタツムリ
エコフルタウンにいた巨大カタツムリ

でかい。

 

W=1、5m H=1m と言ったところでしょうか?

カタツムリの体部分は多分樹脂でできていると思われ、堅く相当にリアル。

色付けも完璧で本物と見紛う程。

一つ一つの細胞(?)まで見えてます。

 

そして、注目すべきはカタツムリの殻の部分です。

こちらは打って変わってモザイクタイル仕様!!名古屋モザイクのコスミオンあたりでしょうか?

職人泣かせの円形貼り!!

更に、渦を表すため色もタイルの枚数も変えてあります。

また、出隅(角の部分です)には役物(角用のタイル)をしっかりと使用している

(しかし、目地が合いきっていない!残念。そこまで言うのは酷ですね。)。

 

これは、作るの相当大変だったと思います。

設計しても仕切れない。多分現場合わせだと思いますが、現場の職人さん(誰か知りませんが)

本当におつかれさまでした。

 

でも、何故一体で作らなかったのだろ?絶対に樹脂なら殻もリアルに作れたはずなのに・・・

テクニックを見せつけてる??

 

そこは相当な疑問です。

 

エコフルタウン。本当に侮れません!!

 

次のブログは庭やさんが“葉っぱ”という名前の電気自動車に変えました!です。