アプローチを解体して駐車場にリフォーム工事!一連の様子をご紹介! 2018-5-30

アプローチを解体して駐車場にリフォームしました
アプローチを解体して駐車場にリフォームしました
皆様こんにちは!名古屋市守山区で外構と庭の専門店をしている、イギリス帰りのガーデン&エクステリアデザイナー『ガーデンドクター柴ちゃん』がお送りする柴ちゃんブログ。

 

回は、  【ハワイ風ポスト】もっとポストは自由で良いのかもしれない!

をお伝えしました。

 

今回は、アプローチを解体して、車庫にリフォームした工事のご紹介です。

     

まずは既存のアプローチを解体!

工事前の写真です。

 

元々は、玄関前は

タイル貼りのアプローチや、門ゲート、門柱などがある門周りでしたが、

 

駐車スペースを増やしたいというご要望があり、

 

 

これらの門周りを解体して、駐車場用のコンクリートを打つことになりました。

 

まず、

そのままの形で残す部分と、解体する部分の仕切りに

カッターを入れ、切り離します。

 

そして、

解体用の機械を使用して、コンクリートを壊していきます。

 

以前にもブログで、

ブロック塀の解体工事の様子をご紹介しました。

【解体工事】コンクリートブロック製の門塀を壊す様子をご紹介!

 

そのとき使用していた工具は下の写真の、

奥に置いてある工具(タイルの上に乗っている工具。電動ハツリ機)ですが、

 

手前に置いてある機械は新登場の機械です。

 

タイルの上に乗っている電動ハツリ機は、

 

家庭のコンセントに挿して使える機械ですが、

 

 

手前に写っている新登場の機械は、

より、パワーのある電動解体機械です。

 

掛かる電圧が大きすぎて、家庭用のコンセントに挿して使うことができません!!

 

家庭用のコンセントに挿して使用したら、電圧の負荷が大きすぎて、ブレーカーが落ちてしまいます!

 

では、どうやって使うかというと・・・・

 

 

大きな発電機を持ってきて、そこから電気を供給して使用します!!

 

トラックの荷台に積んである青い機械のが、発電機です。

 

この発電機は、家庭用コンセントよりも大きな電圧でも大丈夫な発電機なので、

 

解体機械の電圧の負荷に耐えることが出来ます!

 

新しい機械は、

 

電圧が大きい分、パワーがあります!

 

解体の規模が大きくなる場合は、こちらの機械も用意することが多いですね。

 

まさしく瓦礫の山です。

 

無事に解体が完了しました!

 

解体後は

解体が終わった後は、

 

いつも車庫コンクリートを作るときと同じ流れです。

 

重機で土を掘って、下地を整え、鉄筋を敷いて、新しいコンクリートを打ちます。

ガス管が出てきました。

 

埋込深さが浅く、

 

新しい車庫を作るのに支障があったので、

 

ガス屋さんを呼んで、配管をやり替えてもらいました。

 

もともとの高さより、数十センチ低くしてもらいました。

 

新しいコンクリートを打って、完成です。

 

おかげさまで、

 

無事にリフォーム工事が完了しました!!

 

 

駐車場が一台増えたので、車が一台増えても大丈夫になりました。

 

 

息子さんが大学生になり、車を購入することになるので、

駐車場を一台分増やしたいというご要望でした。

 

お客様の人生の節目に関われること、

お客様の生活の役に立つことが出来て、嬉しい気持ちです。

 

ありがとうございました!!

 

 

以上、今日も良いブログが書けました!皆様のお陰です。ありがとうございました!!!