5月末に勝手に花が咲いて手間要らずーお勧めの庭木5種 2014-5-30

4月中頃に勝手に花が咲いて手間要らず-お勧めの庭木5種の記事がとても好評でしたので

5月もやります!!

 

こちらの記事にも書きましたがメンテナンスフリーの植木などありません。

どんな植木でも観察して手をかけてあげることが一番です。

しかしながら、現代の日本。毎日庭に出て、庭のお手入れを楽しむと言う

余裕のあるライフスタイルで生活しておられる方も少ないです。

 

そこで、なるべくメンテナンスが少なく、勝手に花が咲く植物をご紹介します!!

シラン

5月末に咲いている お手入れが楽な植物 シラン
5月末に咲いている お手入れが楽な植物 シラン

「この植物何?」

 

「しらん」

 

「知らないんだ。」

 

「違うよ、シラン【紫蘭】だよ!!」

 

と言う会話が、この植物を語るときは必ずある気がします(シランあるある)。

 

冬場は葉っぱが無くなり寂しいですが、この時期になると写真のような美しい紫色のランの花を

咲かせてくれます。下草としてよく使います。

スイレン

スイレン
スイレン

こちらは水の中で生きる植物なので池や水鉢の中で育てます。

 

最初の植えたりする手間は普通の植物とは違うので、ちょっと手間がかかるかもしれませんが

その後は殆ど手を加えていません。

 

こちらの写真は弊社にある水鉢にあるものですが、お客様宅から引き上げてきたもので

詳しい種類は分かりません。

本には「ハスの葉は水より上に出るものがあるが、スイレンは無い。」と書いてあるので、ハスかもしれません。

しかしスイレンで画像検索するとそうでもない感じです。

ヤマボウシ

ヤマボウシ
ヤマボウシ

4月編でハナミズキを紹介しましたが、こちらはその親戚。

 

個人的にはハナミズキより強い気がするので、私は大変よく使います。

また、株立ちの樹形も非常に美しいものがあります。

 

写真は街路樹に使われているヤマボウシ。手裏剣のような花の形がかわいいですね。

チェリーセージ

チェリーセージ
チェリーセージ

こちらの植物は本当に強い。

ハーブです。

 

基本的には冬は咲かないはずですが、ちらほら咲いてきます。

花期は非常に長い気がします。3月から11月くらいまでは咲いているんじゃないでしょうか?

 

ただ、チェリーセージは良く伸びます。でも、結構どこで剪定しても平気なので手入れはしやすいと思います。

下草としては非常に優秀です。

ヒペリカム カリシナム

ヒペリカム
ヒペリカム

こちらも強い植物。どんどん群生してくるので、ばしばし切る。

 

写真は弊社の前に走っている国道302号線の街路に植わっているヒペリカム。

背の高さから行くとヒデコートという種類だと思われます。

 

カリシナムはそれに比べて背が低いので、下草としてはこちらを使うことが多いです。

 

「6月末に勝手に花が咲いて手間要らず」はこちら!

 

 

以上、今日も良いブログが書けました!皆様のお陰です。ありがとうございました!!!
 

次回は、『庭のあるくらし』20年ぶりの読書感想文

です!見てね!!!

次のブログは画像をクリック!
次のブログは画像をクリック!